ウィキペディア、フリー百科事典から




特 長
「大洋製薬 O2(オーツー) CLケア お徳用 258ml×2本入」は、すべてのO2・ハードレンズに使える洗浄・保存液です。つけおき洗いにも、こすり洗いにもすぐれた洗浄力を発揮します。

使用方法

1レンズがじゅうぶん浸る量のO2C.L.ケアを保存ケースに入れます。
2目からはずしたレンズを保存ケースに入れて、一晩(4時間以上)保存してください。(この間、レンズに付着した汚れを落としやすくします。)
3石けんなどで手をきれいに洗った後、レンズを保存ケースから取り出し、レンズについているO2C.L.ケアでこすり洗いをします。
4レンズのヌルヌルした感じがなくなるまで水道水でじゅうぶんすすいでから装着してください。
※使用後の方法ケースは水道水でよく洗い、自然乾燥させてください。
※ケアを怠ると重い眼障害の原因となることもあります。

使用上の注意

●点眼をしないこと。誤って目に入った場合は直ちに流水(水道水)でよく洗い流し、眼科医の診療を受けてください。
●服用しないこと。誤って口に入れた場合は直ちに水道水でよくすすぎ、医師の診療を受けてください。
●万一、眼や皮ふに異常を感じたら使用を中止し、医師の診療を受けてください。
●ソフトコンタクトレンズには使用できません。
●使用後の保存ケース内のO2CLケアは捨て、保存ケースは水道水できれいに洗い清潔に保ってください。O2CLケアのつぎたし使用はしないでください。
●溶液の汚染を避けるため、ボトルの注ぎ口に、指など触れないでください。また、使用後はキャップをしっかりしめてください。
●直射日光を避け、お子様の手の届かない所に室温で保管してください。
●開封後はなるべく早く使いきってください。
●本液は、消毒液ではありません。
●使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

対応商品

すべてのO2・ハードレンズに使えます。(本液は研磨剤を使用しておりません。)
メニコン:メニコンZ、メニコンスーパーEX、メニコンEX
ニチコン:ニチコンEX-UV、ニチコンうるるUV、ニチコンRZX
HOYA:HOYAハード/EX、アイシティEX-α、HOYAマルチビューEX(α)
シード:シードS-1、シードスーパーHi-O2
東レ:ブレスオーハードCL、ブレスオースーパーハード、プレリーナ
ファシル:クララスーパー・オーEX
旭化成アイミー:アイミーサプリーム、アイミーEXプレミアム、アイミークリアライフ
レインボー:ハイサンソS、レインボークレール、ハイサンソα
ボシュロム:ボシュロムEX-O2、クオンタム、ボシュロムO2
メーカー
大洋製薬株式会社
成 分
●主成分:両性界面活性剤

【ご注意1】この商品はお取り寄せ商品です。ご注文されてから発送されるまで約10営業日(土日・祝を除く)いただきます。
なお、商品によりましては、予定が大幅に遅れることもございますので、何卒あらかじめご了承お願いいたします。
【ご注意2】お取り寄せ商品以外の商品と一緒にお買い上げの場合は、全ての商品が揃い次第の発送となりますので、ご了承下さい。

※パッケージデザイン等が予告なく変更される場合もあります。
※商品廃番・メーカー欠品など諸事情によりお届けできない場合がございます。
【広告文責】株式会社メディスンプラス:0120-205-904 ※休業日 土日・祝祭日

その日の絵

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー